電動鼻水吸引器で楽々鼻ケア

電動鼻水吸引器の種類

大人である私たちが風邪を引いた際に出てくる鼻水は自分で無意識にでも吸ったりかむなどできますが、小さな赤ちゃんは自分で鼻をかむことはできません。その際は病院に行ったりママが鼻を吸ったりしますが、ちょっと抵抗がある…という方にオススメなのが電動鼻水吸引器です。鼻水吸引器は手動と電動がありますが、手動鼻水吸引器は二次感染のリスクがあります。反対に電動鼻水吸引器は二次感染のリスクは少なく、吸引力も手動に比べて高いものが多いことが特徴です。
さらに何よりも簡単にしっかり鼻水を取ってくれるので、そのままにしてしまった際の中耳炎の心配もありません。そんな電動鼻水吸引器にはコンパクトな持ち運びタイプのものと据え置きタイプのものがあります。据え置きタイプのものの方が吸引力は優れていますが、その分音も大きくなってしまいますので注意が必要です。
そんな電動鼻水吸引器は赤ちゃんにしか使用できないと思いがちですが、大人でも使用することができます。花粉症の季節には大活躍しますので、赤ちゃんが産まれたのを機に、電動鼻水吸引器を購入してみてはいかがでしょうか。気になる料金ですが、据え置きタイプは安いもので約1万5000円ほどで、持ち運びタイプは5000円もあれば購入できますよ。

電動鼻水吸引器の注意点

よく赤ちゃんの鼻水が詰まってしまったらお母さんが鼻を吸ってあげるという事を聞いたことがあるでしょうか。昔はそれが主流だったものの、だんだん鼻水吸引器といって手動で赤ちゃんの鼻水を吸ってくれるものが出てきて、今では電動鼻水吸引器というものが非常に人気を集めています。赤ちゃんの鼻水をほっておくと中耳炎になってしまうケースもあり、お母さんが鼻を吸ってあげたり、手動の鼻水吸引器ではしっかりと鼻水を吸い取ってくれない事もありました。
電動鼻水吸引器は鼻水を吸い取ってくれる力も強く、綺麗さっぱり鼻水を吸い取ってくれます。しかしその強力さに伴い音も出てしまいますので、赤ちゃんがびっくりしてしまわないように注意も必要になります。電動鼻水吸引器には据え置き型のものと持ち運び型のものがあり、その中でも据え置き型の方が強力でしっかりと鼻水を吸い取ってくれますが、その分値段もかかってしまいます。
持ち運びは外にも持ち出せる便利なタイプですが、据え置き型に比べて威力が弱い分価格もリーズナブルなものが多いです。子どもが鼻水を自分で吸い取れるのはすぐだし、大人には必要ないから安いのでいいやと思う方も入れませんが、子どもが鼻水を吸い取れるのは個人差であり、この電動鼻水吸引器は大人も使用できるので、しっかりと考えて購入するのが良いでしょう。

CATEGORY

CALENDAR

2018年6月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

UPDATE POST

2017年08月28日
電動鼻水吸引器のメリットについてを更新。
2017年08月25日
携帯用の電動鼻水吸引機は花粉症にオススメを更新。
2017年08月25日
手動よりも電動鼻水吸引機の方が簡単ですを更新。
2017年08月25日
電動鼻水吸引器の2つのタイプと価格を更新。